食事で行うニキビケア

ニキビケアランキング

ニキビケアに良い食材・悪い食材にはそれぞれどんなものが考えられるのでしょうか。

ニキビケアTOP > ニキビケア > 食事

食事を見直してニキビを治そう

ニキビに悩む方の数は年々増加傾向にありますが、その原因の一端は食生活にあると言われています。

もともと日本人は、油分の少ない魚や野菜を使用した和食中心の食生活を送ってきました。

しかし、近年の食の欧米化にともない、魚や野菜のかわりに肉が多くなり、脂分を豊富に含んだ食事が大きな割合を占めるようになりました。

ニキビは皮脂の過剰分泌によって起こるため、脂分の多い食生活はニキビのできやすい体質を作ってしまいます。

ニキビができている時はもちろん、普段から脂分を抑えた食生活を心がけ、ニキビの発生を最小限にとどめるよう努力しましょう。

脂っこいもの、甘い物、刺激物はNG

ニキビ肌には、肉類などの脂っこい食べ物の他、甘い食べ物や刺激物もNGです。

脂分の多い食べ物は血中の中性脂肪を増やして皮脂の分泌を増やしますし、甘いものは体内で糖分が油分に変わり、皮脂の材料となってしまいます。

また、カレーや唐辛子などの刺激物についても、すでにできているニキビの炎症を悪化させる可能性があるため、控えた方がよいでしょう。

これらの食べ物は、たまに食べるぶんには問題ありませんが、常食しているとニキビの原因となります。

もし食べるとしても、1日に摂取する量や回数を制限するなど、摂取方法に気を遣うよう心がけましょう。

ニキビケアに最適な食事とは

では、逆にニキビケアに適した食材にはどのようなものが挙げられるのでしょうか。

基本的には、魚や野菜を中心とした和食を心がければOKですが、中でも緑黄色野菜をたっぷり摂ることが大切です。

緑黄色野菜には、皮脂の過剰分泌を抑えるビタミンAやB群、Cがたっぷり含まれており、特にビタミンB群は最もニキビケアに適した栄養分となっています。

また、にんじんや小松菜、ほうれん草などに含まれるβカロテンは、体内でビタミンAに変化し、皮膚や粘膜を強化してニキビを防ぐ作用がある他、活性酸素を除去して肌の老化を予防する効果もあります。

ビタミンを多く含む食材
ビタミンA うなぎ、ほうれん草、にんじん、みかん、いちごなど
ビタミンB2 レバー、わかめ、卵、あさり、さんま、キャベツ、トマトなど
ビタミンB6 牛乳、ほうれん草、さば、わかめ、焼き海苔など
ビタミンC レモン、大根おろし、パセリ、ねぎ、レタス、白菜など
プロアクティブプロアクティブの公式サイト

CMでも話題沸騰中!人気No.1ニキビケア
www.grj.jp

ビーグレンのニキビ対策セットビーグレンのニキビ対策セット公式サイト

大人ニキビを1週間で撃退!まずはトライアルから
www.bglen.net

草花木果のどくだみ草花木果のどくだみ公式サイト

デリケートな肌をどくだみがやさしくケア!
www.sokamocka.com

ページ先頭へ戻る

Copyright (C)   ニキビケア化粧品の口コミランキング All Rights Reserved.