クレンジング剤の選び方

ニキビケアランキング

ニキビケアのためのクレンジング剤は、洗浄力と肌への低刺激性を兼ね備えた多機能タイプがおすすめです。

ニキビケアTOP > スキンケアの方法 > 選び方

クレンジング剤の正しい選び方

クレンジング剤は基本的に毎日使うものなので、洗浄力ももちろんですが、なるべく肌への刺激が少ないものを選びたいところです。

もともとクレンジング剤は、油分の多いメイク汚れを効率的に落とすため、大量の油分と界面活性剤を配合しています。

油分と水分は混じらないので、油汚れはオイルで落とすのが最も手っ取り早いのですが、ニキビの炎症を悪化させる『アクネ菌』は油分が大好物なので、ニキビ悪化のもととなってしまいます。

界面活性剤も、洗浄力が強いぶん刺激が強く、肌への負担は避けられません。

しかし、メイク汚れや皮脂汚れを落とすクレンジングは、ニキビケアには必須アイテム。だからこそ、肌への刺激や負担が少ないクレンジング剤を選ぶことが重要となります。

ニキビケアに適したクレンジング剤

クレンジングには、オイルタイプやジェルタイプ、ローションタイプなどさまざまなものがありますが、肌質によって適しているタイプは異なります。

刺激に弱いニキビ肌には、肌にやさしいジェルタイプやローションタイプの他、クリームや乳液タイプなどがありますが、ローションや乳液は洗浄力がマイルド過ぎるため、しっかりメイクを落とすには不向きです。

そのため、ニキビケアには、洗浄力・低刺激性の両方を兼ね備えたジェルタイプやクリームタイプがおすすめでしょう。

逆に、洗浄力の強いスクラブタイプや、油分の多いオイルタイプはニキビケアには不向きです。

また、洗い流さない拭き取りタイプも、一見便利ですが、毛穴の汚れを落としにくく、拭き取る際にコットンで肌を傷つけやすいというデメリットがあるので、避けた方がよいでしょう。

添加物にも注意!

肌へのやさしさを考えると、余分なものはなるべく入っていないクレンジング剤がおすすめです。

着色料や香料については、見た目や使い心地を良くするためだけに配合されているので、洗浄力とは無関係です。よって、ニキビケアのクレンジング剤には、無着色、無香料タイプのものを選びましょう。

他にも、保存料や防腐剤など、添加物はなるべく入っていないものの方が肌へのダメージを抑えられます。

プロアクティブプロアクティブの公式サイト

CMでも話題沸騰中!人気No.1ニキビケア
www.grj.jp

ビーグレンのニキビ対策セットビーグレンのニキビ対策セット公式サイト

大人ニキビを1週間で撃退!まずはトライアルから
www.bglen.net

草花木果のどくだみ草花木果のどくだみ公式サイト

デリケートな肌をどくだみがやさしくケア!
www.sokamocka.com

ページ先頭へ戻る

Copyright (C)   ニキビケア化粧品の口コミランキング All Rights Reserved.