化粧水の正しい使い方

ニキビケアランキング

化粧水は適当ではなく、きちんとした手順で適量をしっかり肌に染みこませるのがポイントです。

ニキビケアTOP > スキンケアガイド > 正しい使い方

化粧水は付け方が大事

化粧水は、ただ適当にバシャバシャつければ良いというものではありません。

化粧水の上手な使い方のポイントは、量よりも付け方。どれだけ化粧水を使ったかよりも、きちんとムラなく保湿されているかどうかが大切です。

基本的には、薄く広く、ムラがないように伸ばしていけば良いのですが、乾燥しやすい目元や頬、口元などは、特にしっかり化粧水をつけるようにしましょう。

早く浸透させたいからと言って、こすったり強く叩きすぎるのはダメージのもと。特に皮膚の薄い目元などは、やさしくなでるようにつけるのがポイントです。

化粧水の正しい使い方

化粧水をつける方法には、コットンを使用する方法と、手のひらで直接つける方法の2種類があります。

手のひらは化粧水を吸収しやすいので、無駄なくつけるにはコットンがおすすめですが、コットンの場合、つける化粧水の量が少ないと肌を傷める可能性があります。

つけやすさにも個人差がありますので、自分に合った方法を選びましょう。

コットンを使う場合

コットンを使用する前に、まずコットンが毛羽立っていないかどうか確認します。コットンが毛羽立っていると肌を傷める可能性があるので、コットンは常に新しいものを使用し、使い回すことのないよう注意しましょう。

まず、片手にコットンを乗せ、指ではさんで固定してから、コットンの裏側まで化粧水をたっぷり染みこませます。

次に、顔の内側から少しずつ外側に向かうように、軽くコットンで抑えるようにしながらパッティングしていきます。

特にニキビが出やすいTゾーンや、アゴやフェイスラインなどのUゾーンは丁寧につけていきます。首筋につけるのも忘れずに。

肌がたっぷり化粧水を含み、ひんやりとするまで続けましょう。

手のひらを使う場合

手のひらを使う場合、化粧水の使用量は500円玉大が目安です。一度に出すと多いので、2~3回にわけて使いましょう。トータルとしては、化粧水のボトルを5~10回ほど振る程度です。

片手に適量を出したら、化粧水がこぼれないように気をつけながら、両手で顔全体に伸ばし、パッティングしていきます。

ポイントは、両方の手のひらで円を描くようにしながら、軽く押し込むようになじませること。顔の中心から外側へと徐々に広げるように伸ばしていきます。

肌は摩擦に弱いので、強くこすったりしないよう気をつけましょう。

あとは、化粧水をムラなくつけ終えるまで、上記の手順を繰り返します。

プロアクティブプロアクティブの公式サイト

CMでも話題沸騰中!人気No.1ニキビケア
www.grj.jp

ビーグレンのニキビ対策セットビーグレンのニキビ対策セット公式サイト

大人ニキビを1週間で撃退!まずはトライアルから
www.bglen.net

草花木果のどくだみ草花木果のどくだみ公式サイト

デリケートな肌をどくだみがやさしくケア!
www.sokamocka.com

ページ先頭へ戻る

Copyright (C)   ニキビケア化粧品の口コミランキング All Rights Reserved.