ニキビのための洗顔方法

ニキビケアランキング

ニキビケアのための洗顔方法には、注意すべきポイントがいくつかあります。

ニキビケアTOP > スキンケアガイド > 洗顔方法

正しい洗顔方法を身につけよう

洗顔はスキンケアの最初のステップとして欠かせないもの。第一段階である洗顔がしっかり行われていないと、汚れが残ってニキビの原因になるほか、その後の化粧水や美容液の浸透率までダウンしてしまいます。

また、誤った方法で洗顔していると、ニキビを治すどころか、悪化させる原因にもなります。 たかが洗顔とあなどらず、正しい洗顔方法で毎日しっかりスキンケアするようにしましょう。

洗顔は基本的に1日2回、朝と晩に行います。それ以上洗顔すると、肌を保護する皮脂まで除去してしまうので、洗いすぎには注意が必要です。

ニキビのための正しい洗顔方法

1.たっぷりの泡で洗う

ニキビ肌には刺激は厳禁。特に洗顔中、手でごしごしと肌をこすってしまうと、ニキビの炎症が悪化してしまいます。

手と肌の摩擦を防ぐために、洗顔料は十分に泡立て、やさしく包み込むように洗いましょう。泡立てが苦手な方は、洗顔用のネットを使えば手軽にモコモコの泡を作ることができます。

キメ細かな泡は毛穴の奥まで入りやすいので、毛穴つまりの解消にはぴったりです。

2.ニキビができやすいTゾーンとUゾーンをていねいに洗う

フェイスラインとおでこ、鼻筋のTゾーンは最もニキビができやすい部分となります。

洗顔時は、TゾーンとUゾーンを特にていねいに洗浄し、洗い残しがないよう注意しましょう。

もちろん、ていねいにと言ってもこするのは厳禁。あくまでやさしく、円を描くようにやさしく洗っていくのがコツです。

目元も傷つきやすいので、特に力加減に注意して洗顔しましょう。

3.ぬるま湯でていねいにすすぐ

一通り洗い終えたら、すぐに洗い流していきます。

お湯の温度は、熱すぎず冷たすぎないぬるま湯程度がベスト。お湯が熱すぎると大事な皮脂まで溶かしてしまい、後に反動で皮脂の分泌が過剰になります。

逆に冷たすぎると、毛穴が引き締まってしまい、毛穴の奥の汚れまで取れなくなってしまいます。毛穴を開かせ、皮脂を溶かしすぎない32℃前後のぬるま湯が適温です。

すすぐ時は、蛇口から流れ出る水を両手ですくっては掛け、すくっては掛けを繰り返します。間違ってもこするようにすすいではいけません。

生え際やあご周りは泡が残りやすいので、特に念入りにすすぎましょう。

4.鏡でチェックしてからタオルで水気を拭き取る

すすぎ終えたら、タオルを使う前に鏡でいろいろな方向から顔をチェックし、洗い残しやすすぎ残しがないか確認します。

もし汚れが落ちていない部分があれば、その部分だけピンポイントに洗顔し、汚れをしっかり落としましょう。

きれいに洗顔し終えたら、清潔なタオルで水気を拭き取ります。

ここでも、むやみに顔をこすったりしてはいけません。タオルでやさしく押さえるようにして拭き取りましょう。

プロアクティブプロアクティブの公式サイト

CMでも話題沸騰中!人気No.1ニキビケア
www.grj.jp

ビーグレンのニキビ対策セットビーグレンのニキビ対策セット公式サイト

大人ニキビを1週間で撃退!まずはトライアルから
www.bglen.net

草花木果のどくだみ草花木果のどくだみ公式サイト

デリケートな肌をどくだみがやさしくケア!
www.sokamocka.com

ページ先頭へ戻る

Copyright (C)   ニキビケア化粧品の口コミランキング All Rights Reserved.